流産手術は保険が適用されるの?

流産手術は保険が適用されます。

流産は、手術によって治療を行います。妊娠できない流産をしていまうと、治療は必要となるので、健康保険が適用となり、3割負担となります。

流産は、子宮内に内容物が残っていたりするので、その処置を行わないといけません。

そのままにしておくと、感染症になる恐れがあります。

中絶手術も流産手術になるのですが、中絶手術は保険が適用となりません。

必ずしも行わなくてはならない治療ではないからです。

そして、流産手術は、生命保険も適用となります。

すべての生命保険が適用になる訳ではなく、加入している内容によります。

そのため、もし生命保険に加入しているのであれば、一度内容をチェックしてみるといいでしょう。

女性特約に入られているのであれば、殆どが適用となります。

流産手術には、5万円前後の費用が必要となるため、生命保険に加入していると、大変助かるのです。

もし、今後妊娠を希望しているのであれば、女性特約の付いた生命保険の加入がオススメです。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事