流産は遺伝するの?

流産は遺伝するのかというと、遺伝する場合があります。

これは、流産すること自体が遺伝する訳ではありません。

受精卵に何らかの障害や染色体異常、それらが遺伝してしまう場合があるのです。

すると、流産する可能性は高くなってしまいます。

しかし、親が流産を経験しているからといって、自分も流産を経験する訳ではありません。

遺伝する可能性は0ではありませんが、100%でもないのです。

また、流産は、全体の10%~15%です。

10回に1回は流産する確率になります。

この確率って、結構多いと思いませんか?

そのため、流産している人が多いんです。

流産するかもしれないと心配になると、それがストレスとなり、流産に繋がってしまうこともあります。

ですので、あまり考えすぎないようにしなくてはなりません。

流産は、染色体異常、遺伝だけでなく、高齢での妊娠も流産になりやすくなります。

ストレスは、母体に大変よくないので、あまり考えすぎないようにするといいでしょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事