当帰芍薬散ってどんな漢方?

当帰芍薬散ってどんな漢方かというと、女性向けの漢方です。

どんな時に服用する漢方なのかというと、習慣流産を予防する時に服用します。

当帰芍薬散は、中国でも、流産止めの為に飲まれています。

当帰芍薬散を飲むことで、体質改善が期待できる漢方なんです。

当帰芍薬散には、冷え性、生理不順、頭痛などを改善させる効果があります。

そして、流産を経験した人がよく服用しています。

また、当帰芍薬散は、流産を経験していない不妊で悩まれている方にもいい漢方です。

これらは女性特有のトラブルなので、当帰芍薬散は、女性の聖薬とも呼ばれています。

婦人科や産婦人科で相談すれば、当帰芍薬散を処方してもらえます。

病院でなくても、薬局でも手に入るので、薬剤師に相談してみるといいでしょう。

そして、当帰芍薬散には、胃の不快感、食欲不振、嘔吐、下痢、発疹、かゆみ、肝機能の異常といった副作用があります。

もし、副作用が出てしまったら、医師に相談しましょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事