運動は流産に繋がるの?

運動は流産に繋がることがあります。

特に、妊娠初期の運動には、気をつけなければなりません。

妊娠初期は、胎盤が完成していないため、流産しやすい時期なんです。

そのため、運動は十分気をつけないといけません。

激しい運動や走ったりするのは、止めましょう。

もし、こけてしまったりと、体に大きな衝撃を与えてしまうことも、流産に繋がってしまいます。

安定期となる妊娠中期になれば、ウォーキングやヨガなど、軽い運動をするといいでしょう。

安定期に入ったからといって、妊娠中は、激しい運動はよくありません。

軽い運動に限ります。

このように、運動は流産に繋がることがありますが、全くしないのも体によくありません。

体を動かすことで、体力を強化したり、ストレス解消となるので、妊娠中期に入ったら、運動はした方がいいでしょう。

ただ、お腹に張りを感じたら、すぐに止めて、横になり、体を休めて下さい。

あまりにお腹が張ってしまうと、流産や早産に繋がる場合があります。

また、妊娠中は疲れやすいので、疲れを感じたら、体を休めるようにしましょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事