飲酒で流産することがあるの?

飲酒で流産することがあります。

妊娠中に飲酒をすることで、赤ちゃんによくない、ということは、みなさんも知っていますよね?

飲酒をすることで、赤ちゃんに悪影響を与えることがあります。

それが、流産なのです。

妊娠初期だと、妊娠していることに気づかず、飲酒される方も多いことでしょう。

そして、妊娠していることに気づき、心配になる。

少量の飲酒であれば、そんなに影響はありません。

ただ、毎日浴びるように飲んでしまうと、流産する可能性は高くなってしまいます。

妊娠中の飲酒は、流産だけではありません。

胎児が奇形を伴う可能性もあるのです。

飲酒してなくても、奇形の赤ちゃんが生まれることはありますが、やはり、飲酒をしている方が確率は高くなります。

飲酒により、赤ちゃんに何らかの影響を与えてしまう可能性はあるため、妊娠中の飲酒は避けるべきです。

妊娠に気づかなくても、妊娠している可能性があると思ったら、飲酒は控えるようにしましょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事