流産後の供養はどうすればいい?

流産後の供養はどうすればいいのかというと、お寺で供養してもらう方法があります。

絶対に、供養はお寺で行わなければならないという訳ではありません。

ご夫婦だけで、赤ちゃんへの想いを手紙に書いたり、木を植えたりと、供養の方法はさまざまです。

しかし、一番多い供養の方法は、お寺です。

亡くなってしまった赤ちゃんの供養を、水子供養と言います。

もし、お寺で水子供養を行うのであれば、お近くのお寺に聞いてみるといいでしょう。

予約制のお寺もあります。

お寺で水子供養を行う場合に必要なのは、赤ちゃんへの想いだけ。

その想いさえあれば、赤ちゃんは天国で喜んでいると思います。

流産したことで、お母さん自身を責めている人もいるでしょう。

でも、赤ちゃんは決してお母さんが悪いなんて思っていません。

赤ちゃんは、お母さん、お父さんに幸せになってもらいたいと思っているはず。

流産することは、大変辛く苦しいこと。

いっぱいいっぱい泣くといいでしょう。

そして、その想いを決して忘れず、前に進む、これが赤ちゃんにとって一番の供養だと思います。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事