流産手術は保険が適用されるの?

流産手術は保険が適用されます。

流産は、手術によって治療を行います。妊娠できない流産をしていまうと、治療は必要となるので、健康保険が適用となり、3割負担となります。

流産は、子宮内に内容物が残っていたりするので、その処置を行わないといけません。

そのままにしておくと、感染症になる恐れがあります。

中絶手術も流産手術になるのですが、中絶手術は保険が適用となりません。

必ずしも行わなくてはならない治療ではないからです。

そして、流産手術は、生命保険も適用となります。

すべての生命保険が適用になる訳ではなく、加入している内容によります。

そのため、もし生命保険に加入しているのであれば、一度内容をチェックしてみるといいでしょう。

女性特約に入られているのであれば、殆どが適用となります。

流産手術には、5万円前後の費用が必要となるため、生命保険に加入していると、大変助かるのです。

もし、今後妊娠を希望しているのであれば、女性特約の付いた生命保険の加入がオススメです。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

流産後の妻にかける言葉は?

流産後の妻にかける言葉は何がいいのか・・・

はっきり言って、言葉は要りません。

流産は大変辛いものです。

折角宿った大切な命なので、とても悲しいことなのです。

その子の親は、妻だけでなく、夫もです。

そのため、夫も辛いと思いますが、流産を経験する女性と男性とでは、全然違います。

そんな悲しみに暮れている妻に、何か言葉をかけたい。

でも、なんて言葉をかけていいのか分からない、と悩む男性がいますが、言葉なんて要らないんです。

何が必要なのかというと、妻を支えてあげる、一緒に悲しみを共有することが必要なんです。

「次がある」「また頑張ろう」と励ます人もいますが、これはNGワードです。

余計に妻を辛くさせるだけで、自分だけが悲しいの?もう次を考えれる?と思わせてしまいます。

そして、もっと悲しくなり、夫に腹を立てるだけ。

妻だけでなく、自分も悲しい。

そして、妻の体を労わり、体と心を支えてあげる。

それだけでいいんです。

余計な言葉はいらないので、どんな言葉をかけよう、なんて事は考えないでください。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

流産は遺伝するの?

流産は遺伝するのかというと、遺伝する場合があります。

これは、流産すること自体が遺伝する訳ではありません。

受精卵に何らかの障害や染色体異常、それらが遺伝してしまう場合があるのです。

すると、流産する可能性は高くなってしまいます。

しかし、親が流産を経験しているからといって、自分も流産を経験する訳ではありません。

遺伝する可能性は0ではありませんが、100%でもないのです。

また、流産は、全体の10%~15%です。

10回に1回は流産する確率になります。

この確率って、結構多いと思いませんか?

そのため、流産している人が多いんです。

流産するかもしれないと心配になると、それがストレスとなり、流産に繋がってしまうこともあります。

ですので、あまり考えすぎないようにしなくてはなりません。

流産は、染色体異常、遺伝だけでなく、高齢での妊娠も流産になりやすくなります。

ストレスは、母体に大変よくないので、あまり考えすぎないようにするといいでしょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

流産の手術の費用ってどのくらい?

流産の手術の費用は、2万円~10万円くらいかかります。

費用は、病院によって異なりますが、大体5万円前後だった、という方が多いんです。

また、病室が大部屋、個室によっても、大きく費用に差が出る場合があります。

そして、入院日数が、日帰りや1泊によっても、費用は違ってきます。

流産の手術は、生命保険がおりる場合があります。

ただ、加入している生命保険の内容にもよりますが、女性特約に入っているのであれば、生命保険は大抵おります。

そのため、流産の手術にかかった費用は、生命保険の給付金で、ほとんど賄うことができます。

給付金でプラスになる場合もあるでしょう。

妊娠すると、検査で、結構費用がかかってしまうことがあります。

そして、流産となってしまうと、さらに費用がかかってしまいます。

流産は、体も心も辛くなります。

その上、金銭面もとなると大変ですので、万が一に備えて、生命保険の加入、内容の見直しをしておくといいと思います。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

流産と生理の出血の違いはなに?

流産と生理の出血の違いですが、根本的に血自体が違います。

生理の時の血って、結構サラッとした血です。

たまに、レバーのような塊が出ることもありますが、基本的にはサラッとした血が出ます。

しかし、流産の血は、サラッとした血ではなく、レバーのような塊ばかりなんです。

経験がある方は、その時、かなり驚かれたのではないでしょうか?

ドロっとした塊が、どばっと出てしまうのです。

妊娠すると、着床に備えて、子宮内膜が分厚くなります。

流産すると、分厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちるため、レバーのような塊が出てしまうのです。

驚いて心配になるとは思いますが、それが普通なので、心配する必要はありません。

しかし、出血は出血ですので、流産であっても生理と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

流産した場合は、冷え性のように体が冷えたり、生理痛よりもひどい痛みを感じることがあります。

そのため、冷えや痛みがひどい場合、そしてレバーのような塊が多い場合は、一度産婦人科で受診するようにしましょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

流産したら抜け毛がひどくなる?

流産したら抜け毛がひどくなるかというと、ひどくなることがあります。

これは人それぞれで、抜ける人、抜けない人がいます。

出産すると、抜け毛がひどくなるってご存知ですか?

実は、それと同じことなんです。

流産したとしても、妊娠していたので、女性ホルモンの分泌量が上昇しています。

通常は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが、バランスよく分泌されています。

しかし、妊娠すると、プロゲステロンの分泌が急激に多くなります。

プロゲステロンには、髪の毛の成長を促す作用があるため、妊娠中は、抜け毛が減ります。

しかし、流産や出産をすると、女性ホルモンの分泌は正常に戻ります。

正常に戻ると、妊娠中に抜けなかった髪の毛が抜け始めるため、抜け毛がひどくなるのです。

これは、女性ホルモンの影響なので、仕方ありません。

妊娠された方のほとんどが、経験することなんです。

ずっと抜け続ける訳ではなく、自然と落ち着くので、あまり心配する必要はないでしょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

流産したら届出する必要がある?

流産したら届出する必要があります。

妊娠11週までの流産であれば、届出の必要はないのですが、妊娠12週目以降での流産、もしくは死産であれば、届出する必要があります。

どのような届出かというと、死産届です。

これは法律で決められており、流産や中絶は、死産となります。

そのため、死産届を提出しなければならないのです。

死産届には期限があります。

流産、中絶をした日から7日以内に、役所に提出しなければなりません。

もし7日目が役所の休日であれば、休み明けが期限となります。

提出する際に必要な書類は、医師が発行した死産届と死胎火葬許可申請書が必要となります。

死産届には、日時や原因、死産児の状態などを医師が記入してくれています。

死胎火葬許可申請書は、役所でもらうことができます。

そして、印鑑と身分証明書が必要となります。

流産した後は、心身ともに大変辛い状況です。

もし、自分で行くことができない場合は、家族であったり、病院、葬儀屋に代行してもらうことができます。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

妊娠中に避けたほうがいい食べ物は?

妊娠中に避けたほうがいい食べ物は、こういったものがあります。

・マグロ
・ひじき
・生卵

マグロは魚なので、DHAやEPA、たんぱく質、カルシウムなどが含まれているので、大変体にいい食べ物なんですが、実は、メチル水銀が少し含まれています。

水銀が体によくないことは、皆さんもご存知だと思います。

通常、メチル水銀は、便で排出できるのですが、赤ちゃんは排出することができません。

そして、大量に摂取してしまうと、神経系の発達に影響がでる可能性があります。

ひじきは、カルシウムが豊富で、妊娠中に摂取している人も多いと思います。

しかし、ひじきには、ヒ素が含まれているのです。

大量に摂取しなければ問題ないので、食べる際は、少しの量にするといいでしょう。

生卵ですが、火を通さず食べると、サルモネラ菌に感染してしまう恐れがあります。

卵にサルモネラ菌が含まれているのではなく、卵の殻にサルモネラ菌が付着していることがあるのです。

サルモネラ菌に感染すると、嘔吐や下痢、発熱などの症状が現れます。

そのため、妊娠中は、卵がけご飯などを控えるようにしましょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

当帰芍薬散ってどんな漢方?

当帰芍薬散ってどんな漢方かというと、女性向けの漢方です。

どんな時に服用する漢方なのかというと、習慣流産を予防する時に服用します。

当帰芍薬散は、中国でも、流産止めの為に飲まれています。

当帰芍薬散を飲むことで、体質改善が期待できる漢方なんです。

当帰芍薬散には、冷え性、生理不順、頭痛などを改善させる効果があります。

そして、流産を経験した人がよく服用しています。

また、当帰芍薬散は、流産を経験していない不妊で悩まれている方にもいい漢方です。

これらは女性特有のトラブルなので、当帰芍薬散は、女性の聖薬とも呼ばれています。

婦人科や産婦人科で相談すれば、当帰芍薬散を処方してもらえます。

病院でなくても、薬局でも手に入るので、薬剤師に相談してみるといいでしょう。

そして、当帰芍薬散には、胃の不快感、食欲不振、嘔吐、下痢、発疹、かゆみ、肝機能の異常といった副作用があります。

もし、副作用が出てしまったら、医師に相談しましょう。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事

高齢になると流産しやすいの?

高齢になると流産しやすくなってしまいます。

流産になってしまう確率は、全体で10~15%なんです。

その中でも、高齢の場合は、約25%と、流産する確率が高くなっています。

その理由は、高齢になると染色体異常が増えるのと、卵子の老化などがあります。

高齢と言われる年齢は、35歳からです。

35歳以降になると、流産だけでなく、妊娠もなかなかできない場合があります。

40歳になると、その確率はもっと高くなります。

そして、出産も、大変になるのです。

難産になりやすかったり、妊娠高血圧症候群になりやすかったりします。

しかし、高齢だからといって、全ての人が流産したり、妊娠が難しかったり、難産になるという訳ではありません。

ただ、確率が20代と比べると、高くなるという訳なんです。

最近は、仕事をする女性が増えているので、結婚するのも遅くなっています。

そのため、妊娠・出産も、高齢の人が増えてきているのです。

高齢での妊娠を考えているのであれば、これらのリスクはしっかりと理解しておかないといけません。

当サイト人気のページ
>>流産後の妊娠率や次の妊娠のポイント

関連記事